山形に帰省したときに
鶴岡にある「アル・ケッチァーノ」に
行ってきました。

“野菜使いの達人”で有名な
奥田政行シェフの店です。
ずっと行きたかったんですよね。
でも山形からはクルマで約2時間。
ちょっと遠かった・・・。


アルケッチャーノ


東京の銀座1丁目の山形県のアンテナショップ
おいしい山形プラザ」の2Fにも
ヤマガタ サンタンデロ」という
店を開いています。

お昼の5500円のコースを選択。
もちろん1カ月以上前に予約しておきました。

駐車場に停まっている車は
ほとんどが県外・・・!
オープンと同時に入りましたが予約で満席でした。

テーブルにつくと
クルマでお酒が飲めない人のための
ノンアルコールワインを発見。

ノンアルコールワイン

アル・ケッチァーノ特製ということで
ビアンコで乾杯しました。
甘いのですが、酸味もあって
ぶどうジュースというよりちゃんとしたワインのような仕上がり。
なるほど、これなら悪くないです。

本日のおまかせコースはこんな感じでした。

 ・吹浦産の岩牡蠣 鳥海モロヘイヤケッカソース
   トマトとモロヘイヤソース

吹浦の岩牡蠣


 ・稚鮎とだだちゃ豆のリゾット
   お米は山形産の「はえぬき」を使用

稚鮎のリゾット

 
 ・きんから鯛のアクアパッツァ
   自家製のドライトマトにオリーブ、あさりを使って

 ・庄内町のフレッシュなマッシュルームを使った生ハムクリームスープパスタ

 ・庄内牛のいちぼロースト
   ソースは紅茶タンニン+ニンジンピューレと炭塩で

いちぼのロースト


 ・桃のシャーベット

 ・だだちゃ豆のアイスとロールケーキ

もっと生野菜を盛り込んだ料理を想像していたのですが
そうではなく、地元野菜や魚介との組み合わせがとっても新しくて、
素材本来のおいしさを引き出している感じ。

お盆でなければ、もっと品数を抑えて
お手軽な料金のコースもあるのですが
食べてしみじみ、このお店の人気の理由がわかりました。
この品数と味、ボリュームでこの値段は
東京ではないです。

岩牡蠣もう1回食べたいよー